オススメ備蓄情報 長期保存食品のアレンジレシピ

 震度3クラスの地震が多発していますね。

大規模な地震に備えて備蓄を見直した、見直したいという方も多いのではないでしょうか。

よく耳にするのは、期限の切れた、または切れかかった長期保存食をどうやって食べたら良いのか分からないといった声です。

今の長期保存食はそのまま食べても美味しいものがたくさんありますが、やはりそのまま食べるのは少し抵抗があるという人も多いようです。

特にアルファ米や、缶詰などといった食品は余りがちなようですね。

もし余ってしまっているという方がいたら、保存食品を使ったアレンジレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。

手軽なところだと、アルファ米の焼きおにぎりが美味しくてオススメです。

アルファ米は普通のお米に比べて少し柔らかく、食感が嫌いだという方が多いのですが、焼きおにぎりにしてしまうと気にならなくなります。

また、余ってしまったサバ缶などは、カレーに混ぜてしまうと美味しくいただけます。

アルファ米の白米や、長期保存カレーなどが余っている場合は、それらと組み合わせると更にお手軽です。

アルファ米で有名な尾西食品では、商品別に検索できるアレンジレシピを公開しています。中には材料さえあれば被災中でも作れそうなレシピもあるので、是非チェックしてみてください。


■尾西食品アレンジレシピサイト      

 https://www.onisifoods.co.jp/recipe/