top of page

住まいの最新情報 『扇風機活用法』

 やはり猛暑日はエアコンが必須ですよね。

メディアでもエアコンの利用を強く推奨していますが、電気代が心配だという声も多くあります。

エアコン代を節約するためには、設定温度を上げるなどして必要以上に部屋を冷やさないことが重要になりますよね。

しかし、エアコンをつけても冷たい空気は下へ溜まりやすくなるため、部屋の上の方は暑く、下の方は冷たいという「温度ムラ」という状態になります。

エアコンは上の方に設置してあるため、部屋は快適温度でもまだ設定温度よりも高い状態だと認識して部屋を冷やし過ぎるのだそうです。

そこでそれを解決してくれるのが扇風機です。

扇風機をエアコンと向かいあうように置き、前面を天井側に向けて回します。

すると、エアコンから出る風と扇風機の風が合わさって風が部屋をぐるぐる回るようになります。

こうすることで、部屋の温度が均整化されるのです。

扇風機を使用する際、取り敢えず正面から風を受けられる位置に置くという方も多いと思いますが、エアコンと併用する場合はこのようにすると効果的なのだそうですよ。

また、保冷剤や濡れたタオルを扇風機につけると良いという話も聞きますが、水しぶきで扇風機が壊れてしまったり、室内に湿気を発生させてしまい逆に暑くなる場合がありますので、使用には注意が必要です。






Comments


bottom of page