住まいの最新情報 『漏電ブレーカー』

更新日:9月1日

 電力会社の請求額が明らかに高い、そんな時はもしかしたら自宅のどこかで漏電が起こっているかもしれません。

今回は自分でも簡単に漏電を調べることができる方法をご紹介したいと思います。


まず、ブレーカーの全てのスイッチを「切」に入れます。

次はスイッチの中にアンペアブレーカーと漏電ブレーカーがあると思うので、それらを「入」にしてください。

そして、安全ブレーカーを1つずつ「入」に入れていきます。

この時、漏電ブレーカーが勝手に「切」に入ったら、そこに対応するところに漏電の疑いがあるので要注意です。

漏電が発覚した場合は感電の恐れがありますので、すぐに電気工事の業者さんにお願いしてください。


 漏電は機器の故障や、コードの破損である場合、また内部の配線に問題がある場合などに起こります。

漏電の予防対策としては、タコ足配線を多用しない・機器を湿気の多い場所に設置しない・コードが劣化しているものは使用しない・コンセント周りのホコリをこまめに除去する、などが挙げられます。


電気を地面へ逃がしてくれるアース線の設置なども重要な対策で、洗濯機などの湿気の集まりやすい機器には最初からついているものがほとんどです。

漏電は感電死や火災といった事故を引き起こします。

万が一のリスクを避けるためにも、対策はしっかり行いましょう。